風俗店長の心得

風俗店長の仕事内容

風俗店長の仕事内容

風俗店長の仕事内容は、一般のスタッフと比べて大きく違います。

ざっくり言えば、管理(マネジメント)や意思決定が主な業務です。

実務は、何も言わなくても部下が高いレベルでこなせる様に、教育や監督、仕組み作りをしていきます。

また、プロモーション業務の意思決定も行います。

メルマガやブログをどの様な内容にするか、どの媒体に出稿し、お金をかけ、どの様に見せていくか…などです。

さらに、求人でも同じことが言えます。

キャストにどの様な待遇で働いてもらうか、どの様に求人活動を行っていくかなど、多岐に渡ります。

それらの業務をこなしていく為には、まずは風俗業界の現状を良く知るのはもちろんのこと、時代の変化にも敏感でなくてはいけません。

そうかと言って、外にだけ目が向いていてもいけません。

スタッフやキャストが満足して働ける環境を維持する為にも、常に気を配らなければなりません。

そう考えると、風俗店長ってセンスや才能のある人しか務まらないに思えますが、そんな事はありません。

心構えはシンプルでいいと思います。

自分の店を利用するお客さんに満足してもらう為、自分の店で働く人たちが労働環境に満足してもらう為、日々考えて行動していけば、きっと風俗店長として大成するに違いありません。